MENU

ヒアルロン酸で保湿・乾燥対策できるってどういうメカニズムなの?

私たちの体内には生まれつきヒアルロン酸が存在しており、目に見えないところで私たちの美容と健康の維持に大きく貢献してくれています。ところが、ヒアルロン酸は年齢とともに私たちの体内からどんどん減少して行く性質を持っているため、体内のヒアルロン酸の量が少なくなるごとに、乾燥肌をはじめとする肌トラブル、そして、関節痛などの症状が現れやすくなります。それならば、ヒアルロン酸サプリメントやヒアルロン酸配合の化粧品で体内にヒアルロン酸を送り込めばいいのでは?ということになりますね。それでは、ヒアルロン酸サプリメントを経口摂取した場合のヒアルロン酸の働きと、ヒアルロン酸配合のクリームを外部からお肌に塗るのとではなにが違うのか、わかりやすくご説明して行くことにします。

 

ヒアルロン酸は経口摂取しても意味がない?

以前では、ヒアルロン酸は分子量が大きく、経口で摂取したとしても胃酸により分解され、肝心の美容成分は体内に吸収されないといわれていました。ですが、それはバイオ技術が進化していなかった、昔の話です。では、現在ではどうなのでしょうか?
たとえば、食品メーカーのキューピーが取り扱っているヒアロモイスチャー240という製品がありますが、こちらの製品に配合されているヒアルロン酸はヒアルロン酸Naと呼ばれ、体内に吸収されやすいように科学的に低分子化されています。つまり、現在では分子量の大きなヒアルロン酸では実現することのできなかった、ヒアルロン酸が本来持っている保湿効果を、身体の中から実現させることができるようになったということです。

 

ヒアルロン酸サプリメント・保湿のメカニズム

化学的に低分子化されたヒアルロン酸が私たちの腸内へ到達すると、普段の食事と同様に腸から栄養分が吸収され、その栄養分は血管内を走って全身へ送り届けられます。そして、その栄養分はやがてお肌の真皮にも送り届けられることになり、真皮細胞内で保水能力を発揮します。つまり、これがお肌の保湿につながるメカニズムであるということです。
また、ヒアルロン酸は私たちが日常的に摂取している数々の食品にも含まれていますが、はっきりと目に見えるレベルの保湿効果を実感するためには、食品に含まれているヒアルロン酸だけでは心もとないため、ヒアルロン酸サプリメントの摂取が、最も合理的なヒアルロン酸の摂取方法であると考えられます。

 

ヒアルロン酸クリームについて

ヒアルロン酸サプリメントを体内に送り込むことで、お肌の保湿効果を得ることができるということをご理解頂けたのではないかと思います。では、お肌に直接ヒアルロン酸を塗ることによっても、ヒアルロン酸サプリメントと同様の効果を得ることができるのでしょうか?
まず、ひと口にヒアルロン酸クリームといっても、その種類は「高分子ヒアルロン酸」、「中分子ヒアルロン酸」、「低分子ヒアルロン酸」の3種類に分類され、それぞれにお肌に与える影響には違いが生じます。
ます、高分子ヒアルロン酸ですが、これは低分子化されていない天然に存在するヒアルロン酸と同レベルの大きさのヒアルロン酸で、表皮の保湿効果を期待することはできます。つまり、角質層の表面に対する保湿効果を期待することができるということです。さらに、中分子ヒアルロン酸や低分子ヒアルロン酸であっても、分子量が小さくなればそれだけ角質層の深層部に届く効果を期待することはできます。ですが、ヒアルロン酸配合のクリームはあくまでも化粧品であるため、身体の内部の保水を助けるヒアルロン酸サプリメントと同様の効果を得ることは難しいでしょう。
また、角質層に存在しているおもな保湿成分はセラミドで、これは細胞間脂質と呼ばれる油分の一種に分類されています。そして、セラミドもまた、ヒアルロン酸と同様に保水作用を持っていますので、ヒアルロン酸クリームを使用する際には、セラミドが持つ保水作用のサポート役と捉えておくとよいでしょう。

 

根本的な保湿・乾燥対策ならサプリメント

ヒアルロン酸クリームをお肌に馴染ませると、お肌の表面は一時的に潤います。これは、ヒアルロン酸と相性のよいセラミドがしっかりと水分を抱え込んだから。ですが、表皮は常に外部の刺激にさらされており、外部からお肌に塗り込んだヒアルロン酸クリームの効果は、いつまでも持続できるというものではありません。つまり、ヒアルロン酸クリームでのケアは一時的なものであると捉えることが正解で、身体の内部から根本的に保湿・乾燥対策を行いたいのであれば、やはりヒアルロン酸サプリメントの摂取が妥当でしょう。
また、余談ではありますが、ヒアルロン酸が体内に吸収されると、保湿・乾燥対策に役立つだけではなく、関節間の潤滑剤、また眼圧の調整剤としての大役を果たしてくれます。つまり、表面に現れた乾燥肌などのお肌の老化だけではなく、加齢による関節痛などの症状が現れている方にとっても、ヒアルロン酸はサポート役として活躍してくれるということですね。関節痛などでお悩みの方にとっても、ヒアルロン酸は症状の緩和に役立ちますので、グルコサミンなどの軟骨成分とともに、ヒアルロン酸サプリメントも摂取してみてはいかがでしょうか。